メニュー

睡眠時無呼吸症候群

■このようなお悩みございませんか?

・毎晩、大きないびきをかきますか?

・昼間、眠くなることがありますか?

・「睡眠中に呼吸が止まっていた」と指摘されたことがありますか?

 

睡眠時無呼吸症候群って病気をご存じですか?

睡眠時無呼吸症候群は英語でSleep Apnea Syndromeと綴られ、一般的にはその頭文字をとってSAS(サス)と呼ばれます。

だいぶ前になりましたが、新幹線や高速バスの運転手がこの病気で居眠りをきたして、重大な事故を引き起こして、社会的に注目されました。

病気の定義としては、一晩の睡眠中に30回以上の無呼吸が出現し、良質な睡眠がとれない状態です。そのため、日中の眠気集中力の低下などの社会生活に大きな影響を及ぼします。前述のような公共交通機関の従事者だけでなく、一般の方でも労働効率の低下業務パフォーマンスの低下が懸念されます。

また、長期的な問題点として、高血圧や心臓病、糖尿病などの生活習慣病を高率に合併し、生命予後に大きく影響を与えることが明らかとなってきました。このように記載しますと、肥満の中年男性がなりやすい病気だと思われがちですが、実は年齢、性別にかかわらず、だれにも起こりうる病気です。最近では、うつ病や更年期障害などの、一見いびきや睡眠障害とかかわりなさそうな病態にも、SASが関連していることが知られてきました。

そういった意味でも、上記のようなお悩みをお持ちの方だけでなく、そうでない方も一度SASを念頭に検査をすることをお勧めします。

■SASが疑わしい方はまずは検査をお勧めします

  • まずは通常の外来を受診していただきます。
  • そのうえで、口蓋扁桃やアデノイドの肥大などがないかを、鼻腔ファイバースコープ検査を行って、しっかりと調べます。
  • さらに、実際に無呼吸の状態を調べるため、簡易検査を受けていただきます。
  • この検査は検査用機械を貸出し、ご自宅で行っていただくため、入院は不要です。

■簡易検査の結果を踏まえて、その後の方針を決めます。

  • SASの診断がつかなかった場合

→ご安心ください。

  • SASの診断疑いだった場合

→あくまで簡易検査ですので、診断疑いだった場合、より詳細な検査が必要となります。その場合、ポリソムノグラフィーという検査が必要となります。この検査は入院した上で行います。そのためにも、専門の医療機関にご紹介します。その検査結果を踏まえ、その後の方針を決めていきます。#当院では、もりやスリープクリニックさんと連携をとっています。

  • SASの診断がついた場合

→SASの治療を行います。

■SASの治療としてのCPAP療法

CPAP療法は、専用のマスクを介して気道内に陽圧をかけ、気道の閉塞を防ぐことで無呼吸を取り除く方法です。CPAPの機械は、当院を通じてメーカーからレンタルされますので、ご自宅で毎日CPAP治療ができます。この治療は保険診療の範囲内で可能ですが、治療を適正に継続するためには、毎月の通院・受診が必要です。

※ネット予約の際に「睡眠時無呼吸症候群の検査を希望」の記載をお願いします。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME